蒋介石 母 王太夫人 (王 采玉)掛け軸を買取しました。

 買取場所:,



蒋介石 母 王太夫人 (王 采玉)掛け軸

王 采玉(おう さいぎょく、1863年12月19日 – 1921年6月14日)は蒋介石の母親。蒋介石が政権を掌握してからは「王太夫人」という尊称でよばれた。

はじめ仏門に入っていたが父母の命により還俗し、蒋肇聡の継室となった。(竺某という者と先に結婚し一子をもうけたが、父子共々早くに亡くした後、出家したとの説もある。[1]) 王采玉は蒋肇聡に嫁いだ後、2男2女を産み、夫の製塩業を手伝っていたが、1895年に夫を亡くしてしまう。夫を亡くした後も女手ひとつで家業を支え、前妻の子と自分の子を分け隔てなく育てたが、1921年6月14日に病死した。

王采玉の墓は第二次世界大戦中は日本軍の占領地域にあったが破壊されず、昭和18年(1943年11月)には三笠宮崇仁親王(当時支那派遣軍総司令部参謀だった)の発案による墓前祭が行われ、辻政信がその実施を取り仕切った。[2]その後、王采玉の墓は文化大革命の際、毛福梅の墓と共に紅衛兵によって破壊された。

出典:ウィキペディア

千葉県千葉市にてお譲りいただきました。


明治、大正から昭和初期、戦前、戦後頃の道具や家具を古道具として買取しております。

当店では明治、大正から昭和初期、戦前、戦後頃の道具や家具を古道具として買取しております。
氷コップや電傘等のガラス製品、大正時代期の洋館等で使われていた家具や建具、商店等で使われていた什器や看板。戦前や戦中の資料や古写真等ございませんか?

利用方法などお気軽にご連絡下さい。
わかりやすく丁寧にお答えさせていただきます。

古道具の買取を詳しく


お問い合わせ

無料出張買取しておりますので、
お気軽にお電話かメールにてお問い合わせください。

オルディズモ買取事業部
フリーダイヤル:0120-83-3730
携帯電話:090-2724-1331
mail:kaitori@oldiesmo.com

いろんなお品を買い取りしています。