【茶道具】桶谷定一作 油滴天目茶碗 買取しました。

 買取場所:,



桶谷定一 油滴天目茶碗 買取しました。

Teiichi Oketani

桶谷定一
昭和10年京都に生まれる

父、定一を継ぎ二代目定一として、茶道具を中心に作陶する。
日展入選や数々の賞を受賞する。

天目茶碗とは?

鎌倉時代に中国に留学した禅僧が天目山窯で焼いた茶碗を持ち帰り、
茶人に見せたところ、茶碗の出来ばえに驚き、珍重され、現代も
格式の高い茶碗として愛用されています。

天目茶碗の種類
【青磁】
青緑色の釉のかかった磁器で、釉に含まれる微量の鉄分が高火度焼成
された時に青色を呈したもの。中国漢代の越州窯に端を発し南総時代
に官窯や龍泉窯などで、完成され今に至ります。

【窯変】
紺黒釉面に玉虫色の斑紋浮かび色彩が極めて美しい茶碗。なんでも鑑定団
で偽物騒動になった茶碗もこの種類でした。

【油滴】
黒釉面に銀色調の結晶が大小の斑点となって一面に表れたもの。

【玳玻盞】
黒飴釉地の上に種々の剪紙を貼り藁白釉をかけ焼いたもので玳玻盞独特の
装飾手法

【木の葉】
黒飴釉地に木の葉を貼り焼成。葉の形や葉脈が残るもの。

【禾目】
紺黒釉地に柿色の線條が口辺から内外にかけ禾目状に流下し縦縞を成したもの。

【灰被】
焼成時に降りかかった灰が熱のために溶着し釉に変化の起きたもの。

今回お譲りいただいた天目茶碗は油滴が薄い銀色の輝きがとても美しい作です。
千葉県佐倉市にてお譲りいただきました。
ありがとうございました。


これまでに高価買取させていただきました作家・茶人

練習、お稽古用から幅広く買取させていただいております。

オルディズモで買取させていただきました作家・茶人のリストです。
もちろんここに載っていない作家のお品の買取もしております。
買取金額には皆様に大変ご好評いただいております。
当店は地域密着型の企業ですので、無理に買い取ったりすることはいたしませんのでご安心ください。
お気軽にご相談ください。お待ちしております。

青木龍山 赤地友哉 秋山逸生 魚住為楽
海野清 永楽善五郎 大坂弘道 大澤光民
太田儔 角谷一圭 鹿島一谷 勝城蒼鳳
香取正彦 金森映井智 鴨下春明 川北良造
北村昭斎 金城次郎 黒田辰秋 酒井田柿右衛門
齋藤明 佐々木象堂 塩多慶四郎 生野祥雲斎
鈴木藏 関谷四郎 高野松山 高村豊周
田口善国 寺井直次 濱田庄司 早川尚古斎
氷見晃堂 前史雄 前田竹房斎 増村益城
松井康成 松田権六 三輪休雪 室瀬和美

茶道具の買取を詳しく


お問い合わせ

無料出張買取しておりますので、
お気軽にお電話かメールにてお問い合わせください。

オルディズモ買取事業部
フリーダイヤル:0120-83-3730
携帯電話:090-2724-1331
mail:kaitori@oldiesmo.com

いろんなお品を買い取りしています。